テストエンジニアが機械学習してみた備忘録

広島とジト目が好きなテストエンジニアが機械学習に手を出した備忘録。

はじめに

テストエンジニアとしてのキャリアを5年くらい積んできて、 ステップアップとして機械学習に手を出した見ようと思ったので、 その備忘録としてはてなブログも作ってみました。

機械学習に手を出して色々と本を読んで知識は仕入れているものの、 どうしても実務上はテストを遂行することを最優先にする必要があるのでデータ分析を行う機会に乏しいため、 プライベートで興味のあることを中心に実際に手を動かしてみつつ、このブログに記録できたらと思ってます。

以下、簡単に自己紹介を…

テストエンジニアとしてのキャリア

これまでやってきたことはこんな感じです。

  • 主にテストマネジメントとたまにテスト設計
  • メトリクスとって分析したりもする
  • たまにPythonとかRubyで効率化・自動化のためのスクリプト書く

情報系の学部出てプログラマー採用され、まずはテスト現場に近い構成管理を担当し、 もっとテストの現場をよくすることにやりがいを見出して現在に至ってます。

もちろんテスト界隈で学ぶべきことも多く残ってますが、その辺は他の人達が頑張ってくれそうな社内状況なので、 開発やテストの改善にデータ(メトリクス)を活用するという方面を自分は掘り下げてみようということで、 統計学とか機械学習とかに手を出しているという状況です。

興味のあること

いわゆる「データサイエンティスト」と聞いて思い浮かぶような、 顧客情報の分析やマーケティングへの活用にはあまり興味がなく(全くないわけじゃないけど)、 「不具合数予測」とか「不具合の分類・分析」とか「異常検知」といったことには興味があります。

今の状態

これを書いている時点では以下の状況です。

統計的方法のしくみ―正しく理解するための30の急所

統計的方法のしくみ―正しく理解するための30の急所

まず「統計的方法のしくみ」という書籍でざっと統計の基礎的な部分を復習しました。

データサイエンティスト養成読本 登竜門編 (Software Design plus)

データサイエンティスト養成読本 登竜門編 (Software Design plus)

改訂2版 データサイエンティスト養成読本 [プロになるためのデータ分析力が身につく! ] (Software Design plus)

改訂2版 データサイエンティスト養成読本 [プロになるためのデータ分析力が身につく! ] (Software Design plus)

データサイエンティスト養成読本 機械学習入門編 (Software Design plus)

データサイエンティスト養成読本 機械学習入門編 (Software Design plus)

つづいて「データサイエンティスト養成読本」シリーズに一通り目を通し

はじめてのパターン認識

はじめてのパターン認識

いわゆる「みどり本」や「はじパタ」を手に取ってうんうん唸っているという状態です。

ついでに異常検知にも興味があったのでこれもそのうち読み進めたいと思ってます。